地域情報
[ お問い合わせの前に、まず条件を整理してみましょう ]
条件は大きく分けて、(1)家賃、(2)場所、(3)部屋、 に関するものの3つです。
(1) 家賃について
家賃は、そこに住む世帯の収入の3分の1までとした方が良いでしょう。世帯合計の月収60万円の給与の場合で、20万円程度 がベストです。それを超した場合、大家さんの審査などで落ちてしまうことがあります。大家さん側からすれば、家賃は必ず支払ってもらえるという保証がなければ、お部屋を貸すことは出来ませんので、しっかりと支払う能力があることを伝えるとともに 必ず支払える家賃でなければなりません。また現状2人の収入があっても、出産などで収入がなくなる場合があります。継続的に収入を得ることが出来る人の収入を元に、家賃の上限を決めましょう。
(2) 場所について
住みたいエリアを挙げていただきます。当社は、東麻布周辺を専門とした不動産業を営み、東麻布、六本木、芝公園、麻布十番、 三田、神谷町などのエリアはお任せ下さい。それ以外で、ご紹介可能なエリアについては承りますが、私たちの一番おすすめ したいエリアは、ここです。
(3) 部屋について
まずは広さ。入居する人数によって、快適な広さは変わります。だいたいの目安として、1人 20uくらいです。3人であれば、 60uを目安として探されることをおすすめします。もちろん、「快適な生活を」とお考えの場合は、もっと広い、ゆとりある物件を お探し致します。 間取タイプは、人によってさまざまな捉え方になります。同じ2LDKでも、和室と洋室では、用途も変わってきます。 お部屋をどんな用途で使うのかも、あらかじめ決めておきましょう。
[ 契約前に揃えておくものを、事前にチェックしておきましょう ]
契約を交わす前に、必要となる書類や、印鑑、証明書などを用意しておきます。また必要となる費用も、あらかじめ確認して おきましょう。
契約までの流れ
契約時に必要な費用(一般的な場合)
・敷金(保証金)
借り主が家賃の未払いや、不注意により部屋に損傷を与えたり、破損させた箇所の修繕費用や損害賠償等の 債務を担保とするために貸主に預け入れるお金です。一般的には1〜3ヶ月です。
・礼金
借り主が家賃の未払いや、不注意により部屋に損傷を与えたり、破損させた箇所の修繕費用や損害賠償等の 債務を担保とするために貸主に預け入れるお金です。一般的には1〜3ヶ月です。
・管理費・共益費
共用部分の清掃費、電球の取替え、修繕費、エレベーター等の維持費や電気代に充てる費用として各入居者が 分担して負担するお金です。
・火災保険料
入居者に火災保険への加入を義務づけているケースがあります。目安は2年間で1〜2.5万円程度です。
契約時に必要なもの (保証人も同様)
・本人確認ができる公的な証明書
運転免許証・パスポート・健康保険書など
・印鑑
ご本人が契約締結の場合は認印でも可。代理の場合は、印鑑証明添付。
・住民票
ご家族全員の写しが望ましい。
・所得証明
源泉徴収票・納税証明書など

※ 必要書類は、物件ごと業者により、異なります。契約前にご確認ください。
このページの先頭へ戻る